実物資産について

スポンサーリンク

「国家破綻に備える」のトピックの時、実物資産についても少し触れました。
今回は、そのことについてもう少しお話ししたいと思います。

現在、世界のマネー総額は80兆ドル以上と言われています。
その中で実際に流通している貨幣・紙幣の総額は5兆ドル程度。金は8兆ドル。

つまり大半のマネーは、電子の世界を飛び交っている、と言えます。
もし何らかの異変で世界の金融システムが停止したら、大部分のマネーは動かすことが出来なくなります。

このようなときに頼りになるのが、実物資産です。
実物資産とは、形がありそれ自体に価値がある資産です。
金などの貴金属や不動産などが代表的なものです。

実物資産を総資産の一部分として保有しておくことで、想定外の事態が起こった時にある程度対処できます。
これは、昔から資産家が行ってきたことです。
戦争映画などで、裕福な市民が逃げ出すときに、ダイヤや金などを持ち出すシーンが良くあります。

無駄に恐怖心をあおるつもりはないのですが、現在の日本でも北朝鮮からのミサイルや、大災害などのリスクがあります。
これらの事態が起こったら、一時的に銀行預金を引き出すことが出来なくなる可能性があります。

また日本がデフォルトを起こしたら、預金封鎖が行われ、同時に円の価値が暴落します。
これは実際に戦後に起きました。

もし全ての資産を、電子の形かつ円で保有していたら、どうしようもありません。
私はこれらのリスクをヘッジするために、総資産の一部、最大5%ぐらいまでを実物資産で持つのが良いと考えています。

リスクヘッジとしての実物資産の条件は、以下の2つです。

①持ち運びしやすいこと
②世界中で換金可能なこと

・不動産は①②ともに満たさないため不適格です。もちろん投資の一手段としては、不動産投資は有効だとは思いますが、危機的状況下でのヘッジ手段としては適切ではありません。
・美術品・アンティークコインなども、②はかなり難しいです。売買するには、特別な市場が必要です。
・銀・プラチナは①は満たしますが、②については不満があります。ダイヤなどの宝石も同様です。

金は、①②の条件を完璧に満たしています。定番中の定番ですが、「有事の金」と言われるのは伊達ではありません。
金は世界中のほとんどの場所で換金できます。価格も国際的に統一されています。
円の暴落が起こったら、金はドル建てですので価値が上昇します。

私は金を、コインの形で購入しています。
おもに1/4オンスのものです。
理由は2つです。
まずはインゴットに比べて持ち運びしやすいこと。硬貨なので、財布に入れて持ち運べます。
もう一つは、積立投資が可能なこと。
現在、ウィーン金貨1/4オンスは43000円程度です。
この額なら、お金が貯まったら1枚、というように時期をずらして購入できます。

私はこれらの金を、普通に自宅に保管しています。貸金庫などに入れたら、有事の際に出すことが出来ません。
もちろん盗難のリスクはありますから、万が一失っても致命的にならない額までしか保有する気はありません。

さて、金は実物資産として分かりやすいですが、私が保有している実物資産はもう一つあります。
それは、ロレックスです。
ロレックスはご存じの通りスイスの高級時計ですが、実は実物資産として非常に優れています。

○世界中で売却することが可能
○持ち運びが容易(時計ですからね)
○値下がりしにくい
○換金率が高い(購入価格の90%ぐらいはざらですし、デイトナなどは定価より高く売れます)
○円暴落時に値上がりする

ロレックスが高値で売却できるのは、確立したブランド力もそうですが、ムーブメントが自社製であることや、特殊な加工が必要な高硬度のステンレスを使用していることも理由です。
そのため擦り傷があったり、それどころか、もう動かなくなっていてさえ換金できます。

私は高級時計には興味がなく、Gショックで十分というタイプだったのですが、ロレックスに興味を持ったのはある友人の話を聞いたからです。
その友人は20年前に自分へのご褒美としてロレックスを購入し、数年前ちょっとお金が必要で売りました。
その時、なんと買値の20%以上高い価格で買い取ってもらったそうです。

20年使った時計を売って利益が出るなんて、そんなことがあり得るのか、と大変驚いて調べてみると、事実でした。
しかし高級時計なら良いという訳ではなくて、ロレックスでないとダメなのです。
もちろんロレックス並みに買値の90%ぐらいで売却できる時計もありますが、世界中で売却できるとなると、広く流通しているロレックスの方が断然優秀です。
海外旅行をしているときに、盗難などで現金やカードがなくなっても、ロレックスを売れば帰りの飛行機代などを賄うこともできます。

ただロレックスの中にもリセールバリューの高いものと低いものがありますので、注意してください。
デイトナ・サブマリーナのステンレスモデルは、買取価格が安定しています。

以上、私が現在実物資産として投資しているのは、金(コイン)とロレックスということになります。
他にも有力なものがないか探していますが、現状この2つ以上のものを見つけられていません。

何かのご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする