法人を使って高級車を安く購入する

スポンサーリンク

ディフェンス力を高める」というトピックを書いておいてあれですが、今回は高級車の購入についてです。

私は、勤倹貯蓄も大切ですが、楽しむためにお金を使うこともまた大切だと思っています。
人生いつ何があるか分かりませんからね。
私は車好きで、現在は某有名メーカーの欧州車に乗っています。定価で買うと、900万ぐらいの車です。
しかし車1台にとても900万円は出す気になれません。

そこで、私が取った方法をご説明します。
まず、新車ではなく中古車を選びます。車は最初の3年で最も激しく値段が下がります。
しかし、最近の車は3年ぐらいでは全く劣化しません。特に高級車であれば、コストをかけているので3年落ちならほとんど新車のようなフィーリングです。

なので、3年未満・走行距離3万キロの中古車を狙います。
他にも条件があります。

○認定中古車
○スポーツタイプではない
○マイナーチェンジ後のもの

順番にご説明します。

認定中古車を選ぶことで、ある程度車の状態に信頼がおけます。
他にもメリットがあります。それは、東京・大阪などの大都市の中古車を検討対象に出来ることです。

検索してみていただければお分かりだと思いますが、中古車は大都市のほうが安いです。
認定中古車であれば、自分の地元の正規ディーラーでメンテナンスを受けることが出来ます。
正規ディーラーだとメンテ代は高いですが、長持ちさせるためにはその方が良いと考えています。

スポーツタイプは、前オーナーがスポーツ走行が好きで車体の損耗が激しい場合があるので、避けます。
またスポーツタイプはサスペンションが硬めだったり、タイヤサイズが大きかったりすることが多いので、それもまた車を早く損耗させる原因になります。

最後に、欧州車は大体7年程度でモデルチェンジしますが、中間点でビッグマイナーチェンジを行うことが多いです。
ここで、ほとんどのネガティブポイントをつぶしてきます。なので、車としての完成度が段違いに高いです。
さらにフルモデルチェンジ後数年が経過しているので、中古車価格も安くなります。

以上、これらの条件を加味して中古車を探します。
私は大阪にあった中古車をディーラー経由で地元まで陸送してもらいました。
2年半落ちで、走行距離はたった1万キロ。
なのに価格は諸費用込みで400万円でした。

これをさらに前にお話しした不動産投資用の法人名義で購入しました。
法人で自動車を購入することの最大のメリットは、減価償却が使えることです。
自動車の減価償却期間は6年です。
私が購入したのは2.5年経過した車ですから、定額法でだいたい1年間に120万円ぐらいの償却費を計上できます。
不動産からの収益があるので、法人には利益があります。償却費を使って、この利益への税金を減らすことが出来ます。

法人税25%とすると

1年目 10万円
2年~4年目 30万円ずつ90万円

計100万円分の税金が減ります。これで、400万円の車を300万円で購入したことになります。もともと900万の車ですから3分の1です。プリウスぐらいの価格ですね。

これがもし個人で購入した場合だとどうなるでしょう?
毎月もらう給料や賞与からは様々なものが引かれます。
社会保険料・所得税・住民税・介護保険料など。 少なくとも20%ぐらいにはなると思います。
ですので、もし400万の現金を手に入れようとしたら、額面所得で500万必要になります。

比較すると、

自動車代金 400万
実質支払額 法人 300万
個人 500万

ということになります。同じ車を買うのに、個人は法人より200万も多く支払っていることになります。
また法人だと自動車税・自動車保険代・車検代・タイヤなどの消耗品代も経費に出来ますから、その差はもっと開いていきます。

この方法で高い車を非常に安く購入することが出来るのですが、一つ注意点があります。
それは、売却した時には法人税がかかる、ということです。

償却が済んだら帳簿上の資産価値はゼロですので、例えばその後200万で売却したら、法人税が50万かかります。
なので、下取りがほとんどつかなくなるまで乗るか、不動産の大規模修繕時などの経費が多くかかる時に売却する、などの方法がお勧めです。

以上、ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする