仮想通貨(ビットコイン)投資の検討

スポンサーリンク

仮想通貨、ビットコインやイーサリアムに投資している人がだんだん増えてきましたね。
実際、2017年になってからの仮想通貨の価格上昇はすごいものがあります。

例えばビットコイン(BTC)の最近3か月のチャートはこうです。

5月初めには1ビットコイン15万円弱でしたが、6月になると30万円を超え、現在25万前後ぐらいです。
昨年は4~5万円だったのですから、1年で5倍以上になっていますね。

ビットコインだけではなく、イーサリアムやリップルも値上がりしています。

イーサリアム(ETH)

リップル(XRP)

いずれも最近は下落していますが、年初から見ると大幅に上昇しています。

ビットコイン 2倍
イーサリアム 10倍
リップル 15倍

仮想通貨投資にはもちろんリスクがあります。
ボラティリティは非常に高いですし、セキュリティにも不安があります。
私の好きな作家の一人、高城剛さんは仮想通貨について否定的ですね。
マネーロンダリングの温床になったり、ドラッグディールの決済手段として使われたり、問題があると考えているようです。

私も、仮想通貨はあくまでも余裕資金で運用した方が良いと思っています。
最悪、全部失ってもいいぐらいの金額までに留めようと考えています。

しかし、仮想通貨投資には魅力があります。
ボラティリティが高い、ということは言い換えれば急上昇する可能性もある、ということにもなります。
以前ご紹介した「バリュー平均法」に向いた投資対象だと思います。

また、仮想通貨には株や不動産などと違うメリットがあります。
それは”決済機能がある”ということです。

FX,株,不動産などで利益を出して、いざそれを使おうとしたら、どうしても換金する必要があります。
その際に税金を取られてしまいます。

昨日のトピックでお話ししたように、為替で利益が出ると、より多額の税金を支払う必要があります。
残念ながら外国株口座にあるドルは、そのまま決済用資金として使うことは出来ません。
せっかくドルを持っているのに、海外旅行などでドルを使おうとしたら、

外国株口座のドル→円転(為替差益があると税金発生)→ドル購入(手数料が必要)

と、非常に効率が悪いです。

これが、ビットコインだったらどうでしょう?
Wirexなどのデビットカードを使えば、世界中でビットコインのまま使用することが出来ます。
イーサリアムも今後はどんどん決済用に使用できるようになると思います。

仮に、ビットコインを100万円分購入し、数年後にそれが10倍の1000万になったとします。

他の投資なら少なくとも180万程度の税金を支払わなければ、決済用資金として使えません。
(1000万-100万=利益900万  900万×20%=税金180万)

しかしビットコインなら、円転せずにそのまま使用できるので、税金を支払わずに済みます。
これはとても魅力的なことです。

以上の理由から、仮想通貨への投資を検討しています。
とりあえず取引所としてcoincheckに口座を作ることにしました。
大手なのでセキュリティがしっかりしていること、購入できる仮想通貨の種類が多いことが理由です。

今は口座開設の申請中なので、開設出来たら実際にいくらか購入してみたいと思っています。
※coincheckにアカウントを作ったら、急にスマホへのスパムメールが増えました。ちょっと不安ですね…

また、現在は取引停止とか分裂とかでビットコインはいろいろ揉めていますので、慎重に進めたいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする