取引証券会社をマネックス証券→SBI証券に変更するつもりです

スポンサーリンク

前回お話しした通り、「海外ETFは国内投資信託に比べて税制上のデメリットはほとんど無い」ことが分かりました。

しかし”円貨決済”できないと、リターンが想定と異なってしまう可能性があります。
円転のタイミングが遅れると、為替レートが変動してしまいます。

私が利用しているマネックス証券は残念ながら円貨決済ができないので、証券会社をSBI証券に変えようと思っています。
SBI証券には、円貨決済以外にも魅力的なサービスがあるようです。

まず投資信託の場合なら「投信マイレージサービス」があります。

全投資信託に最低0.05%のポイントが付与されます。
住信SBI銀行で1ポイント0.85円に換金できます。
※SBIカードを持っていたら1ポイント1円ですが、このカードは2018年1月31日で終了して”ミライノカード”になります。

例えば「たわらノーロード先進国株式」を1000万円分持っていたら、1年間に4250円貰えることになりますね。
少額ですが、こういった金額でも積み重なればばかにならないと思います。

海外ETFなら、「貸株サービス」があります。

保有しているETFをSBI証券に貸し出し、代わりに金利を受け取ります。
魅力的なサービスですが、私は利用しないと思います。
貸株に出してしまうと、もしSBI証券が破たんしたらその資金は帰って来ないからです。

同じ理由で、私は人気のある「ソフトバンク社債」も購入したことがありません。
ソフトバンクが倒産する可能性は低いと思いますが、ゼロではないです。

SBI証券を利用することのメリットで次にあげられるのは、「為替手数料を安くできること」です。
これは非常に魅力的です。

こちらのブログで詳しく説明されていますが、マネックスなどでは為替手数料は25銭です。
SBI証券も通常は同じ25銭なのですが、住信SBIネット銀行経由だと15銭、FX口座から現引きするとなんと0.5銭になります。

この差は大きいです。
例えば1000万円を為替レート111円でドルに換えたら、9万ドルになります。

為替手数料は
通常          22500円
住信SBI外貨預金経由   13500円   -9000円
FX経由            450円  -22050円

と、通常の手数料と比べ、住信SBIネット銀行経由だと9000円、FX経由だと2万円以上安くなります。

FX経由で外国株口座にドルを入金し、売却するときには円決済すれば、円転するときのタイムラグの心配もありません。
また住信SBIネット銀行では、2017年8月10日まで外貨預金の為替手数料を15銭→4銭に値下げしています。
9万ドルで3600円の手数料です。

SBI証券は、とにかく住信SBIネット銀行と連携しているのがいいですね。
外貨預金口座のドルをそのまま外国株口座に移動、ETFを売却したらまた外貨預金口座に移動して定期預金、といったことも出来ます。ドルのまま移動するので、為替差益が発生しません。

デビットカードも発行できるし、いろいろ使い勝手が良さそうです。
マネックス証券は20年間利用していたので愛着があるのですが、さすがSBI証券は業界ナンバーワンですね。

ただ一つ、非常に残念なことがあります。
先ほど「SBIカードは来年1月いっぱいで廃止、ミライノカードになる」と言いましたが、SBIカードにはとても魅力的なサービスがあったのです。

それは「ドル決済サービス」です。
外国などでSBIカードを使って、ドルのまま支払いをすることが出来ます。
口座のドルをそのまま使うので、為替差益が出ていても課税されません。

まだどうなるか分かりませんが、どうやら次の”ミライノカード”ではドル決済出来ないようです。
今後、ぜひ導入して欲しいです。

※その後調べてみたら、住信SBIネット銀行の「Visaデビット付キャッシュカード」でドル決済が出来るようです。しかし、事務手数料が2.5%もかかります。SBIカードは1ドルあたり15銭の手数料なので、今のレートだと0.14%です。

とにかくSBI証券に移行して、海外ETFへの投資を再検討したいと思っています。
しかし、投資信託ベースのポートフォリオを検討してみて、現在の国内投資信託がラインナップでもコスト面でも非常に魅力的であることが分かりました。

海外ETFと投資信託、どちらをポートフォリオの中心に据えるか、よく考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. SBIFXはスワップポイントが発生すると住民税、所得税の申告が必要なのでそれが煩わしくなければお得な方法ですよね。

    投信マイレージサービスは本当にいいサービスです。私はTポイントに等価交換してウエルシアの1.5倍デーで使用しています。

    記事最後にもありますが今は投資信託もコストが下がってきているので海外ETFを選ぶかどうかは好みの部分もあるかなと思います。
    しっくりくる運用方法が見つかればいいですね。

    • ぴいとさん より:

      コメントありがとうございます。
      ドルへの換金は、キャンペーンで為替手数料が4銭なので、FXではなく外貨預金を使うつもりです。
      SBI証券、いろいろ使い勝手がいいですよね。