海外ETFと投資信託で「全世界株ポートフォリオ」のリターンを比較してみる

スポンサーリンク

今回は「全世界株ポートフォリオ」のリターンを海外ETFと投資信託で比較してみたいと思います。

まず投資信託ですが、
国内株   「たわらノーロードTOPIX」
先進国株  「たわらノーロード先進国株式」
新興国株式 「たわらノーロード新興国株式」 を選びました。

結局全部たわらノーロードシリーズですね。 このシリーズの充実ぶりは本当にすごいです。
実質コストはこちらを参考にしました。
「たわらノーロードTOPIX」だけはまだ決算していないので、「たわらノーロード日経225」で代用しています。
実質コストは税込みです。

実質コスト 組入比率 加重平均
たわらTOPIX 0.22% 10.0% 0.02%
たわら先進国株式 0.28% 80.0% 0.22%
たわら新興国株式 0.80% 10.0% 0.08%
0.33%

このポートフォリオ全体の実質コストは、0.33%になりました。

次に海外ETFです。
まずVT(バンガード・トータル・ワールドストック)の信託報酬は0.11%です。

そして
VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケット) -米国株
VEA(バンガード・FTSE先進国市場 除く米国)
VWO(バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツ) を組み合わせたもの。
これが現在、最も低コストのポートフォリオだと思います。

  実質コスト 組入比率 加重平均
VTI 0.04% 50.0% 0.02%
VEA 0.07% 40.0% 0.03%
VWO 0.14% 10.0% 0.01%
      0.06%

実質コストは驚異的な0.06%です。

まとめると、実質コストはたわら:0.33% VT:0.11% VTI+VEA+VWO:0.06% ということになります。

総リターン5%,配当2%とすると、配当を除いたリターンは3%です。
”配当を除いたリターン”は、3種類とも同じです。

そして配当に対しては、まず海外での源泉徴収税10%がかかります。これは投資信託でも課税されます。
海外ETFなら、それに加えて日本での配当金課税 約20%(20.315%)がかかります。

比較するとこうなります。

リターン(配当除く) 配当 配当の税金(米国) 配当の税金(日本) 税引後リターン 実質コスト 実質リターン
たわら 3% 2% 0.2% 4.8% 0.33% 4.47%
VT 3% 2% 0.2% 0.4% 4.4% 0.11% 4.29%
VTI+VEA+VWO 3% 2% 0.2% 0.4% 4.4% 0.06% 4.34%

配当金への税金、コストを引いた実質リターンでは「たわらノーロードシリーズ」が一番良い4.47%です。

次に、海外ETFで外国税額控除を受け、米国での源泉徴収税を全額取り戻した場合です。
実際は外国税額控除で10%全部を取り返すのはなかなか難しいですが、ここでは全部戻ってきたとします。

リターン(配当除く) 配当 米国 日本 税引後リターン 実質コスト 実質リターン
たわら 3% 2% 0.2% 4.8% 0.33% 4.47%
VT 3% 2% 0.4% 4.6% 0.11% 4.49%
VTI+VEA+VWO 3% 2% 0.4% 4.6% 0.06% 4.54%

実質リターンは「VTI+VEA+VWO」の組み合わせがトップの4.54%になりました。
しかし、「たわらノーロードシリーズ」との差はわずか0.07%です。

実際には、海外ETFは「購入コスト(為替手数料+売買手数料)」「配当金再投資コスト」がかかります。それを計算に入れてみます。

まず「購入コスト」です。
前回お話しした、SBI証券で「FX経由でドルを購入」の手法を使うと、為替手数料は0.005%。
売買手数料は0.486%(税込み)です。
合計すると0.486+0.005=0.491%
20年間保有するとしたら1年間の平均コストは 0.491÷20=0.0246%
※ただし、売買手数料は上限があるので(SBI証券だと20.16ドル)、一度に大量購入したらコストは下がります。

「配当金再投資コスト」はややこしくなるのでざっくり0.005%ぐらいだとしたら、
合計約0.03%です。

このコストを海外ETF2種類から引いて比較すると、

たわら         4.47%
VT          4.46%
VTI+VEA+VWO 4.51%

になり、たわらがVTを抜きます。

さらにこれも前回お話ししたように、SBI証券で「たわらノーロードシリーズ」を保有すると、「投信マイレージサービス」が受けられます。
ポイント0.05%がついて、そのポイントは最低でも80%は現金化できます。
ですので、0.05×0.8=0.04%のリターンを得られるとします。
これを「たわらノーロードシリーズ」に加えると、

たわら      4.51%
VT       4.46%
VTI+VEA+VWO  4.51%

ということで、ついに「たわらノーロードシリーズ」と「VTI+VEA+VWO」がリターン4.51%で並びました。
外国税額控除をフルに受ける、という海外ETFに有利な条件でも、同じリターンです。

また、このシミュレーションでは配当率を2%に設定していますが、これは実はかなり低めの設定です。もし配当率を2.5%にすると、「たわらノーロード」4.46%,「VTI+VEA+VWO」4.41%と、たわらが完全に1位になります。

さらに「100円で世界に投資する ~ワンコイン投資」でもお話しした通り、投資信託は少額の購入や積み立て、細かいリバランスなどに圧倒的な利便性があります。

どうやら結論が出ました。
「全世界の株式には、投資信託(たわらノーロードシリーズ3種類)を使って投資する」のが良いようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする