たわらノーロードシリーズやJNKなどを購入しました

スポンサーリンク

円高&株安になったので、たわらノーロードシリーズとJNK(米国ハイ・イールド債)を購入しました。

株式は少しずつ購入していくつもりなので、たわらノーロードシリーズ3種類で10万円分です。

たわらTOPIX 5000円 約定価格10307
たわら先進国株式 85000円 約定価格11081
たわら新興国株式 10000円 約定価格13045

です。
全世界株として買うなら日本株は8%の8000円購入しなければなり万選。
しかし「たわらノーロードシリーズ」だとVTと違い比率を変えて購入出来るので、

日本株 5%
先進国株式 85%
新興国株式 10%
の配分にしてみました。

私は経済成長率は人口の上昇率と比例すると思っていますので、人口が減少していく日本の株には弱気な見方をしています。
ですので、日本株の比率を少し下げました。

「たわらノーロードシリーズ」はもともと積立購入していた分もあるので、合計20万円強になりました。
まだまだ少ないですね

今後は、毎月最低30万円分投資していく予定です。
積立投資の手段として一番良いと思っている「バリュー平均法」で購入していくつもりです。
株価が下落したら、スポットで購入額を増やします。

たわらとパフォーマンスを比較したいので、VTも20口だけ買ってみました。
68.34ドル/口の時に購入しましたが、手数料が高くついて約定価格68.68ドルです。
20口で1373.6ドル、1ドル109円として約15万円分です。
やはり手数料が割高なので、今後VTを購入するときは100万円以上にしたいと思います。

JNKは450口購入しました。
約定価格は36.87ドルです。

【JNK】 450口 36.87ドル 購入費用16591.5ドル 円換算(109円/ドル) 約180万円

これで毎月税抜き5000円ぐらいの配当金が貰えるはずです。

現時点でリスク資産は

たわら 20万
VT 15万
JNK 180万

で合計215万円ぐらいになりました。

今後もリスク資産を慎重に増やしていきたいと思っています。
現金比率が高いのは機会ロスになるので、本当はもう少し大きく投資したいのですが、買い場が来るまでは我慢です。
円高が進めばJNKやBNDを、株安になれば「たわらノーロードシリーズ」やVTに投資したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. >私は経済成長率は人口の上昇率と比例すると思っていますので、人口が減少していく日本の株には弱気な見方をしています。

    私も同じような見方をしているので日本株は優待株のみでインデックス運用では0にしています。新興国についてはグローバルな世界で新興国のみが発展して経済効果を享受できるわけがないと考えているので結局は先進国がほとんど利益をぶんどっていくんじゃないかと考えています。

    そうはいっても日本株や新興国株がまったく成長しないわけではないと思うので多少は投資をしておくほうがいいのかもしれませんよね。(このあたりは個々の考え方によってかなり違ってくるのかなと思います)

    • ぴいとさん より:

      コメントありがとうございます。
      資産配分は個性が出るので、面白いですよね。日本株は優待株のみ、というのも割り切っていていいですね。
      私は新興国株式は中国が含まれているので、保有していたいと思っています。