「 株式投資 」一覧

02

NO IMAGE

相場転機に備え守り固める ~本日の日経新聞記事より

本日(2017年9月2日)の日経新聞の"Money&Investment"の欄で、「相場転機に備え守り固める」という記事がありました。 今後どのように市場に向き合っていくべきか、様々な専門家の意見がコンパクトにまとめられていて、良い記事だと思います。 参考になった意見を引用します。 ○すでに一部の資産では調整が始まっている ○...

NO IMAGE

ヒンデンブルグ・オーメン

本日の日経新聞に「ヒンデンブルグ・オーメン」のことが掲載されていました。 私はこの指標のことを全然知らなかったのですが、この「ヒンデンブルグ・オーメン」のサインが点灯すると、77%以上の確率で株価が5%以上下落、41%の確率でパニック売りにつながるそうです。 そのサインが先週米市場で点灯したのです。 「ヒンデンブルグ」とは第2次大戦前に爆発事故...

NO IMAGE

たわらノーロードシリーズやJNKなどを購入しました

円高&株安になったので、たわらノーロードシリーズとJNK(米国ハイ・イールド債)を購入しました。 株式は少しずつ購入していくつもりなので、たわらノーロードシリーズ3種類で10万円分です。 たわらTOPIX 5000円 約定価格10307 たわら先進国株式 85000円 約定価格11081 たわら新興国株式 10000円 約定価格13045 ...

NO IMAGE

ブラックスワン(市場の暴落)対策を考える ~株式市場(β)の下落対策

前回、円高対策についてお話ししました。 今回は株式市場の下落対策についてお話ししたいと思います。 株式には個別株のリスク「アルファ(α)」と、市場全体のリスク「ベータ(β)」があります。 私はインデックス投資をするつもりなので、αを考慮する必要はありません。ベータ(β)のリスクヘッジのみを考える必要があります。 【株式市場(β)の下落対策】 ...

NO IMAGE

ブラックスワン(市場の暴落)対策を考える ~円高対策

前回の続きです。 負のブラックスワン対策として、まず円高対策を考えてみます。 【為替(円高)のリスクヘッジ】 外貨資産を持っていて円高になると、円ベースの資産価値が下落します。 逆に円安になると上昇しますし、結局為替の適正レートは分からないのですから、あまり過敏になってもいけないとは思います。 極端にヘッジすると、限りなく「資産のほとん...

NO IMAGE

ブラックスワン(市場の暴落)対策を考える

「ブラックスワン」とは、ナシム・ニコラス・タレブの著書のタイトルで、「想定外で大きなインパクトがある事象」のことを言います。 ブラックスワンには正も負もあり、負のブラックスワンの典型がリーマンショックです。 今回は、この「負のブラックスワン」対策を考えてみたいと思います。 私は先月まで比較的大きなポジションを持っていました。 ...

NO IMAGE

たわらノーロードシリーズかVTか ~外国投資信託の約定タイミングと、海外ETFの手数料の問題

トランプ大統領の不用意な発言もあって、ダウが下がってきました。 8月17日の22024から 18日 21750.7  -274.14 19日 21674.51  -76.22 と2日で350.36ポイント、1.6%の下落です。 同時に円高も進んでいます。 2017年の初めには117円/ドルだったのが、現在109.15円/ドルです。 ...

NO IMAGE

複数の特定口座を活用する

前回の記事で、安間伸著「ホントは教えたくない資産運用のカラクリ投資と税金編2016」という本をご紹介しました。 長期投資をしていく中で、知っておくと有利になる様々な税制について、分かりやすく説明してくれる良い本です。 前回は投資会社についてお話ししていたので言及しなかったのですが、この本の中で非常に面白いアイデアを紹介してくれています。 このア...

NO IMAGE

ハワード・マークス氏の最新レター その4

前回の続きです。 今回が、最終回になります。 ※原文が英語なので、訳が分かりにくいかもしれませんがご容赦ください。 今までの要約はこちらです。 その1 その2 その3 【観察と推測】 現在の投資環境について ・歴史上、最も株価が高い時期の一つ ・VIX指数は最低ライン ・優良株(the FAAGS)の高騰 ・バリュー無視の投...

NO IMAGE

ハワード・マークス氏の最新レター その3

前回の続きです。 ハワード・マークス氏の最新レターを要約しています。 とにかく長いので、まだ終わりません。 ※原文が英語なので、訳が分かりにくいかもしれませんがご容赦ください。 【プライベートエクイティ】 ・現在、様々な投資の期待リターンは非常に低くなっている ・米国債券1-2%、ハイ・イールド債3-4%、株式5-6%程度 ・リター...