「 投資 」一覧

NO IMAGE

リスク資産にいくら投資するべきか ~許容損失額と最大リスク

リスク資産にいくら投資するべきか、ということはなかなか難しい問題です。 特に現在のように相場が高騰していると、暴落が怖くて投資に踏み切れないことも多いでしょう。 今回はご参考までに、私の考え方をお話したいと思います。 私は「リスク資産への投資額」を次のように決めています。 ①「許容損失額」を決める ②「最大リスク」を計算する ③「許容...

NO IMAGE

現在の株式市場は割高なのか?

昨年、アメリカ大統領がドナルド・トランプになってから、株式市場はずっと好調です。 例えば「VT」は1月に61.5ドルだったのが、現在69ドルを超えています。 こうなると気になってくるのが「現在の株式市場は割高なのか、適正なのか」ということです。 今回はこのことについて考えてみようと思います。 まず、「わたしのインデックス」で現在の状況を見てみ...

NO IMAGE

海外ETFと投資信託で「全世界株ポートフォリオ」のリターンを比較してみる

今回は「全世界株ポートフォリオ」のリターンを海外ETFと投資信託で比較してみたいと思います。 まず投資信託ですが、 国内株   「たわらノーロードTOPIX」 先進国株  「たわらノーロード先進国株式」 新興国株式 「たわらノーロード新興国株式」 を選びました。 結局全部たわらノーロードシリーズですね。 このシリーズの充実ぶりは本当にすごい...

NO IMAGE

取引証券会社をマネックス証券→SBI証券に変更するつもりです

前回お話しした通り、「海外ETFは国内投資信託に比べて税制上のデメリットはほとんど無い」ことが分かりました。 しかし”円貨決済”できないと、リターンが想定と異なってしまう可能性があります。 円転のタイミングが遅れると、為替レートが変動してしまいます。 私が利用しているマネックス証券は残念ながら円貨決済ができないので、証券会社をSBI証券に変えよ...

NO IMAGE

仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム)を実際に購入してみました

以前、仮想通貨(ビットコイン)への投資を検討するとお話ししました。 取引所として選んだcoincheckにアカウントを開設しましたが、実際に購入できるようになるまでにはもう少し手続きが必要です。 流れとしては ①coincheckにアカウント申請 ②メールが来て、すぐにアカウント開設→銀行振込するために、本人確認の手続き(免許証の撮影・ア...

NO IMAGE

100円で世界に投資する ~ワンコイン積立投資

2017年7月から、いろいろな証券会社が投資信託の最低購入価格を100円に引き下げました。 SBI証券・マネックス証券・松井証券・楽天証券などの大手証券会社で、全部ではないですが、かなり多くの投資信託が100円から購入出来るようになりました。 投資信託はETFに比べてどうしても信託報酬が高くなってしまいます。 また、ETFだと株のようにすぐに売買で...

NO IMAGE

投資信託だけで「全世界に分散投資するポートフォリオ」を作る

前回の続きです。 「為替差益が雑所得になる」ということで、投資プランを早くも見直さなければならなくなりました。 参考:海外ETFの問題点 配当金からのキャッシュフローがあり、金でリスクヘッジも出来て、かつ超低コストな非常に良いポートフォリオだと思っていたので、残念です。 代わりの投資手段としては「国内ETF」「投資信託」がありますが、国内ET...

NO IMAGE

仮想通貨(ビットコイン)投資の検討

仮想通貨、ビットコインやイーサリアムに投資している人がだんだん増えてきましたね。 実際、2017年になってからの仮想通貨の価格上昇はすごいものがあります。 例えばビットコイン(BTC)の最近3か月のチャートはこうです。 5月初めには1ビットコイン15万円弱でしたが、6月になると30万円を超え、現在25万前後ぐらいです。 昨年は4~5万...

NO IMAGE

経済的自由とは?

経済的自由を達成する、とはどんな状態のことを言うのでしょうか? 「金持ち父さん貧乏父さん」でおなじみのロバート・キヨサキは、「キャッシュフロー101」というゲームを作っています。 このゲーム、日本版はおかしなほど高い値段がつけられていますし、ゲームとしても微妙ですが、金持ちになるプロセスを体験・理解するには効果的だと思います。私も所有していま...

NO IMAGE

不動産投資で恐ろしいもの ~滞納

不動産投資には様々な魅力があります。 最も大きなものは次の2つだと思います。 ○レバレッジを使えること(金融機関の借入で自己資金の数十倍の投資が可能) ○キャッシュフローが安定していること レバレッジを使って総資産を膨らませ、キャッシュフローを再投資することで、資産形成をかなりショートカットすることが出来ます。 しかし、反面不動産投資には株...